2010年04月13日

<被爆マリア像>「戦争の悲劇伝えたい」 初の渡米 長崎・浦上天主堂(毎日新聞)

 長崎原爆で被爆し、首から上の部分が残った浦上天主堂(長崎市)の「被爆マリア像」が、5月にニューヨークの国連本部で開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせ、初めて渡米する。マリア像とともに渡米する高見三明カトリック長崎大司教(64)は「キリスト教国の米国で、戦争の悲劇を伝えたい」と話している。

【特集】ヒバクシャ広島/長崎

 マリア像は爆心地から約500メートルの至近距離にあった旧・浦上天主堂に安置されていたが、長崎原爆で被爆。熱線で黒焦げになりながらも首から上の部分が残り、戦後の廃虚から見つかった。過去には85年にバチカンで、00年には旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の被害を受けたベラルーシで展示されたが、米国での展示は初めてだ。

 今回は高見大司教が国連の招きで訪欧後に渡米することが決まり、マリア像も「同行」することに。30〜5月7日の日程で、ニューヨーク市内の教会などで展示される見通しだ。【錦織祐一】

【関連ニュース】
米国:核使用を大幅限定…「非保有国は攻撃せず」宣言へ
新核軍縮条約:「歴史の舞台」プラハ歓迎 「核なき世界」1年、米露が調印へ
ジェームズ・キャメロン監督:原爆テーマ映画を構想 長崎で二重被爆者に面会
二重被爆者の故・山口彊さんを偲ぶ会 中学生ら「命のバトン受け継ぎます」
ニュースがわかる:非核は守られているのか

民族の血、先祖捨てる心理に 在日の“帰化タブー”(産経新聞)
新党参加「今のところない」=鳩山邦氏(時事通信)
首都高速と阪神高速の通行料金 普通車500〜900円に(産経新聞)
【関西あれこれ アニバーサリー】虹のまち 開業40年(産経新聞)
千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 08:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

<シャトル>「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】日本で2人目の女性宇宙飛行士、山崎直子さん(39)が宇宙へ飛び立った。候補に選ばれて11年。厳しい訓練に加え、日本の宇宙飛行士育成方針の変更や結婚、出産など、公私ともに平たんな道ではなかった。そんな紆余(うよ)曲折を吹き飛ばすように、山崎さんを乗せたディスカバリーはごう音をあげながら、夜明け前のフロリダの空に吸い込まれた。

 打ち上げの3時間50分前となる5日午前2時31分(米東部時間)、ケネディ宇宙センター内の宿舎から7人の乗組員が現れた。シャトルクルーのシンボルであるオレンジ色の与圧服姿。小柄な山崎さんは呼びかけに「行ってきます、がんばります」と満面の笑みで答え、親指を立てて喜びと決意を表現した。

 午前6時21分、大西洋を望む39A射点からディスカバリーが打ち上げられた。宇宙飛行士の家族専用席では、山崎さんの両親、角野明人さん(73)、喜美江さん(67)=千葉県松戸市在住=が見守り、女性宇宙飛行士の先輩である向井千秋さん(57)が専任の支援役として付き添った。

 各国の報道陣がカメラを並べたプレスサイトでは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)で山崎さんと同期入社の萩原明早香さん(36)が泣きながら空を見上げた。96年に入社し、今は広報担当として日本メディアの対応に追われている。萩原さんは「周囲からは見えない努力をしてきた結果がきょう実ったのだと思う。2週間、精いっぱい楽しんできて」とエールを送った。

 ◇出身高校も拍手と歓声

 日本でも、11年越しの山崎さんの夢がかなう様子を、大勢の人たちが笑顔で見守った。

 山崎さんが卒業したお茶の水女子大付属高校(東京都文京区)では、在校生や教員、同窓生ら約150人が集まり、大型スクリーンに映し出されたインターネット中継で打ち上げを見守った。成功が伝えられると、会場は大きな拍手と歓声に包まれた。

 会場には高校時代の同級生が、遠くは徳島県から駆け付け、思い出を語り合った。

 山崎さんと同じJAXAに所属する級友の杉田尚子さん(39)は「スーパーウーマンに見られがちだが、本当にすごいのは平凡な努力を積み重ねていけること」と評した。

 一方で山崎さんにはひょうきんな一面もある。別の同級生によると、学生時代に方向音痴を指摘され、「二次元には弱いけど、三次元には強い」と弁解したという。

 高校2年の時、山崎さんに物理を教えた同高の村井利行教諭(60)は「当時から地道に勉強するタイプで、今回の厳しい訓練を耐えたのも彼女なら分かる。宇宙でどのように感じたか直接聞いてみたい」と興奮気味に話した。【八田浩輔】

 ◇東京駅近くでは会社員も足止め JAXA

 JR東京駅に近いJAXAの情報センターでは、仕事帰りの会社員や親子連れ約240人が打ち上げを見守った。親子3人で訪れた東京都北区の石井圭美(たまみ)さん(35)の長女、杏吏(あんり)ちゃん(7)と次女秀佳(みしか)ちゃん(4)は「すごかった。山崎さんはかっこいい」「私たちも宇宙を調べに行きたい」と興奮気味だった。【江口一】

【関連ニュース】
スペースシャトル:山崎直子さん、物資移送責任者の重責
スペースシャトル:山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ
山崎直子宇宙飛行士:11年の集大成…4月にシャトル搭乗
スペースシャトル:打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ
スペースシャトル:山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ

政治主導のサポートを=平野官房長官、内閣府新職員に訓示(時事通信)
老人専門医療の質を評価する指標を策定―老人の専門医療を考える会(医療介護CBニュース)
若林氏辞任で鳩山首相「大変驚いている」(産経新聞)
「また来た…」無銭飲食の疑いで男逮捕 柏(産経新聞)
かわいそうなのは首相と谷垣氏(産経新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

<事業仕分け>当選1回の衆参議員95人が「調査員」に(毎日新聞)

 4月下旬からの事業仕分け第2弾を前に、民主党の当選1回の衆参議員95人が「仕分け調査員」として準備を行うことが決まり、同党の地域主権・規制改革研究会(玄葉光一郎会長)が2日、調査員への説明会を開いた。昨秋の第1弾では政府が直接、新人議員14人を含む32人の「仕分け人」を人選したことに小沢一郎幹事長が反発したが、今回は党を介して参加する形をとり摩擦を回避した。

 第1弾では、新人議員の研修会優先を理由に、小沢氏が「待った」をかけ、中堅以上の7人に縮小された。今回は鳩山由紀夫首相が3月24日の政府・民主党首脳会議で指示し、小沢氏も容認した。

 調査員は同研究会が募集し衆院89人、参院6人が応募。行政刷新会議のヒアリング対象外の872法人を、府省別に10グループに分かれて12日までに調査。悪質な例は仕分け対象にする。

 説明会で玄葉氏は「民主党らしさの一つは、若手の活力、調査能力ではないか」とあいさつ。枝野幸男行政刷新担当相は「古い政治の中でよどんでダメになったものを新政権はきっと変えてくれる、という強い国民の期待がある」と語った。【影山哲也】

【関連ニュース】
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も
事業仕分け:第2弾に新人議員も参加
事業仕分け:公益法人に関する省庁ヒアリング終了 第2弾
事業仕分け:第2弾 4月と5月の2回に分けて実施
事業仕分け:「官」に宣戦布告 第2弾ヒアリング

一部保有のホテル、資産報告書に不記載…小沢氏(読売新聞)
<掘り出しニュース>「どうぶつしょうぎ」女流棋士が指導(毎日新聞)
鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種(産経新聞)
「総合学科」約20%の教員が否定的 現役高校教諭が調査(産経新聞)
<年金>2人が2000万円超回復へ 記録見つかり(毎日新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。