2010年02月03日

COPDの予防方策などで検討会設置へ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を早ければ今月中にも開催する。2月1日の「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会」(部会長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)で、健康局の担当者が明らかにした。検討会は健康局長の下に設置され、予防方策や早期発見の在り方などを議論、今年6月をめどに内容を取りまとめたいとしている。

 昨年開かれた「慢性疾患対策の更なる充実に向けた検討会」で、筋・骨格系及び結合組織の疾患、COPDなどについて、「それぞれの特徴に配慮した詳細な検討が引き続き必要」との指摘を受けて開かれる。
 COPDは、患者が全国に約500万人、死亡者が年間で約1万5000人に達するとされる。主な原因は喫煙と言われており、早期発見と治療により、リスクと負担を大幅に減少することが可能とされる。


【関連記事】
「在宅酸素療法」中の火災で注意喚起―厚労省
呼吸器疾患対象に疫学研究を検討―新型ワクチンで厚労省
20代喫煙者の半数近くが高卒までに経験―7割はニコチン依存症
「肺の生活習慣病」受診率は1割未満
男性の喫煙率、過去最低に―厚労省調査

三洋電機 ブラウン管テレビをリコール(毎日新聞)
前年上回る1.0倍=出願状況の中間集計−国公立大入試(時事通信)
【中医協】NICUの退院調整加算など新設(医療介護CBニュース)
<通り魔>路上で女性切られる 犯人は逃走 名古屋・中村(毎日新聞)
<ハイチ大地震>国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 05:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。