2010年01月21日

<在韓被爆者訴訟>長崎地裁で和解 1次原告127人(毎日新聞)

 国外にいることを理由に被爆者援護法に基づく健康管理手当などが打ち切られた在韓被爆者が国に慰謝料を求めた訴訟で、長崎地裁に1次提訴した原告の在韓被爆者127人が19日、同地裁(須田啓之裁判長)で国と和解した。国が1人当たり慰謝料など110万円を支払う内容。

 最高裁が07年11月、在外被爆者を同法の適用外とした旧厚生省の通達を違法と判断。これを受け、原告は08年12月に、慰謝料など1人当たり120万円の損害賠償を求めて提訴していた。

 和解後、会見した原告の成性柱(ソンソンジュ)さん(77)=韓国・晋州(チンジュ)市=は「私たちは30年間、日本政府から見捨てられてきた。この和解が他の苦しんでいる在韓被爆者のためになる」と述べた。

 同地裁には在韓被爆者計856人が提訴しており、1次原告で死亡し遺族が継承した3人と、2次以降の原告も順次和解する予定。

 同種訴訟では韓国、ブラジル、米国の被爆者計約2400人が長崎、大阪、広島各地裁に提訴しており、先月18日に大阪地裁で130人が和解。今月25日には広島地裁でも128人が和解する見通し。【錦織祐一】

【関連ニュース】
青森地裁:重度障害者も逸失利益…初認定
統一教会:過大な献金に9500万円賠償命令…東京地裁
不法追い出し:家主にも慰謝料支払い命令 姫路簡裁
重度障害者死亡逸失利益訴訟:重度障害者に逸失利益 青森地裁が初認定
賠償訴訟:献金強要、統一教会に判決 9500万円支払い命令−−東京地裁

<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
【十字路】奈良・西大寺の名物行事「大茶盛式」(産経新聞)
「党大会に合わせた逮捕」小沢幹事長、検察と対決姿勢(産経新聞)
法制局長官を補佐人から除外=「政治家が答弁」−平野官房長官(時事通信)
小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相(産経新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。