2010年01月19日

埼玉不審死、女を6度目逮捕 婚活相手から四百数十万円(産経新聞)

 「車の中で動かない男性がいる」

 昨年8月6日朝、埼玉県警にかかってきた1本の110番通報。これが疑惑発覚のきっかけだった。

 埼玉県富士見市の国道沿いの月極駐車場に停車していた1台のレンタカー。大出嘉之さんは、その車内の後部座席で、横たわった状態で息絶えていた。助手席には七輪が置かれていた。

 練炭自殺がうかがわれたが、その状況に捜査員らは不信感を抱いたという。「車のカギや練炭のすすの謎など、どう考えてもおかしかった」。ある県警幹部はこう述懐する。

 捜査の結果、1人の女の存在が浮上する。それが木島佳苗容疑者だった。

 ■プラモデル

 大出さんは、古書店やオフィスビルに囲まれた一角に立つ5階建てのビルで、母と兄との3人で暮らしていた。

 家族が住むビル内のオフィスに勤務する男性は、大出さんについて「にこやかで柔らかな印象を持っていた」と話し、「女性と一緒のところを見たことがない。詐欺にあったと聞いてびっくりしている」と驚きの表情を隠せない。

 趣味は戦車や戦闘機のプラモデル作りで、これまでも数々のコンテストで入賞する実力の持ち主だった。

 大出さんが通っていた模型店の店長は、「雑誌の写真を写実的にコピーする流行の作り方をせず、昔かたぎのやり方の中に自分のオリジナリティーを出そうとしていた」と振り返る。

 ■ブログで浮上

 大出さんが開設していたブログも、プラモデル作りの話題で埋め尽くされていた。そんなブログに、異質な書き込みがあったのは、遺体発見前日の8月5日のことだった。

 「実は41歳のトマちゃんは婚活中でしてwつか今日相手のご家族と会うのです。ここ最近ずっと相手と新居を探したり新生活のことを話し合っているんです。今夜から2泊3日で相手と婚前旅行に行きます」(原文のママ)

 結婚を約束したという女性と旅行に行くことをうれしそうに報告する大出さん。その翌日に自殺をするような気配は伺われない。

 大出さんが“婚活の相手”としている女は誰か。捜査員がたどり着いたのが、インターネットの結婚相手紹介サイトで大出さんと知り合った木島容疑者だった。

 ■複数の男性

 捜査を進めていくうちに、木島容疑者が大出さんから四百数十万円を受け取っていたことが判明。さらには木島容疑者が、ほかにも複数の男性から結婚名目で金をだまし取るなどしていたことも分かった。

 県警は9月末、ネットで知り合った長野県の50代男性に「学費が3カ月未納で卒業できない。卒業したらあなたに尽くします」などと結婚話を持ち掛け、計約190万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで木島容疑者を逮捕。以降、詐欺や詐欺未遂などの容疑での再逮捕を繰り返してきた。

 木島容疑者の周辺では、大出さんのほかにも千葉県松戸市の福山定男さん=当時(70)=ら3人が不審死をとげている。

 県警は、不審死した大出さんも結婚詐欺の被害者だったことを立証し、大出さんの不審死と木島容疑者との関連性を慎重に捜査する方針で、これを突破口に連続不審死疑惑の全容解明を進めるものとみられる。

【関連記事】
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
鳥取連続不審死 女と同居の男が関与示唆する供述
木島被告、不審死男性への詐欺で再逮捕【実名切り替え】
第2の埼玉・鳥取不審死が見過ごされる…解剖医、深刻な不足状態
実名か匿名か…分かれる判断 連続不審死、千葉大生殺害

【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
糖尿病性腎症治療薬の開発・販売権を取得−協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
大久保容疑者、公判延期の見通し 検察側申し入れへ(産経新聞)
新成人2人、入場断られ暴れる=福井市職員に体当たり−県警(時事通信)
<偲ぶ会>四手井綱英さん=2月14日午後2時、京大会館(毎日新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 03:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。