2010年01月16日

副大臣ら15人増の方針決定=首相補佐官倍増、議員数88人に−政府(時事通信)

 政府は12日の閣議で、副大臣・政務官級の定員を15人増やす方針を決めた。政策決定での政治主導強化が目的。これを受けて与党は、政府に入る国会議員枠の拡大を盛り込んだ国会改革関連法案を議員立法で通常国会に提出する。
 鳩山由紀夫首相は閣議で、現行法で5人が上限の首相補佐官を10人に倍増させる方針も表明。首相は「政府・与党3党が協力して、通常国会に法案を提出し、速やかな成立を図りたい」と述べるとともに、「これにより政治主導の一層の強化に努めていきたい」と強調した。
 民主党は党務・国会運営の人員確保のため、政府に送り込む議員数を15人に絞った。首相は新たな首相補佐官5人については民間から起用する考え。関連法成立後は、政府に入る議員数は現在の70人(現行枠74人)から88人(同94人)に増える。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

<阪神大震災>巨大モザイク画 防災の願い込め(毎日新聞)
自民の参院選 山崎、保岡両氏は公認見送りへ(産経新聞)
外国人参政権、通常国会に提出=平野官房長官(時事通信)
<陸山会土地取引>強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念(毎日新聞)
<子ども手当>年3回分割支給、市町村に申請必要 法案概要(毎日新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。