2010年01月20日

政教分離 「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)

 北海道砂川市が市有地を無償で神社に使わせているのは、憲法が定める政教分離に違反するとして、元中学教諭でクリスチャンの谷内栄さん(79)=同市=が菊谷勝利市長を相手取り、明け渡しを求めないことなどの違法確認を求めた2件の訴訟の上告審判決が20日、最高裁大法廷=裁判長・竹崎博允(ひろのぶ)長官=で言い渡される。政教分離訴訟の最高裁判決は12件目(大法廷は4件目)で、過去に違憲判断したのは97年の愛媛玉ぐし料訴訟判決のみ。今回の2件のうち1件は1、2審が違憲としており、最高裁の判断が注目される。【銭場裕司】

 政教分離規定は、戦前、戦中に政治権力が国家神道と深く結びついたことを反省して盛り込まれている。しかし、宗教と社会習俗の境目にはあいまいな部分がある。今回と同様のケースは他の自治体でもあるとされ、判決は影響を与えそうだ。

 2件の訴訟は、砂川市が(1)市有地を空知太(そらちぶと)神社の敷地として無償で使わせている(2)富平(とみひら)神社の敷地になっていた市有地を地元町内会に無償譲渡した−−ことが、それぞれ宗教団体のために公金を支出したり特権を与えることを禁じた憲法の規定に違反するかどうかが争われている。

 空知太神社は町内会の会館に鳥居やほこらなどが併設されている。1、2審判決は、外観や宮司の派遣を受け神式の行事を行っていることを理由に「明らかに宗教施設(神社)」と認定し「土地の無償提供は特定の宗教に対する援助、助長、促進」として憲法違反と結論付けた。一方、富平神社の訴訟は1、2審とも「市有地に神社が存在する事態を解消するのが目的で、憲法違反に当たらない」と判断していた。

 政教分離訴訟では津地鎮祭訴訟の最高裁判決(77年)が、憲法が禁じる国・自治体の宗教的活動を「目的が宗教的意義を持ち、効果が宗教に対する援助や圧迫などになる行為」と示し、この「目的・効果基準」がその後の判断の「物差し」になっている。最高裁の裁判官15人全員(今回は14人)で審理する大法廷での判断は、愛媛玉ぐし料訴訟以来となる。

【関連ニュース】
パナソニック裁判:子会社社員逆転敗訴 最高裁が初判断
ひと:須藤正彦さん 弁護士から最高裁判事に就任
マンション:9割完成 建築確認取り消し 最高裁判決
川崎協同病院事件:医師の有罪確定へ 最高裁が上告棄却
偽装請負:解雇無効上告審 雇用認めず 派遣元との契約「有効」−−最高裁初判断

<雑記帳>石川遼、新潟の子供とクロカンスキーで汗流す(毎日新聞)
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑(時事通信)
NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)
小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」(産経新聞)
覚せい剤入りゴム袋、大腸内に7個…組員逮捕(読売新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民・青木氏が出馬表明「お年寄りにも勇気」(読売新聞)

 自民党の青木幹雄・前参院議員会長は18日、松江市内で記者会見し、5選を目指し、今年夏の参院選島根選挙区に同党公認で立候補する考えを正式に表明した。

 党執行部は青木氏を公認する考えだが、中堅・若手からは差し替えを求める声もあり、定年制厳守が焦点となっている比例選の候補選びにも微妙な影響を与えそうだ。

 青木氏は記者会見で、「参院の1議席を自分が先頭に立って守る決意だ。野党として初めて戦う、非常に厳しい選挙だが、しっかり勝ち抜く」と述べた。世代交代論については、「選挙区には(党の内規でも)定年はないし、島根は高齢県で私が中央政界で活躍することはお年寄りにも非常に勇気をもたらす」と語った。

 大島幹事長も18日の記者会見で「代わる人はいない、というのが地元の声だから、淡々と公認候補にする」と公認を明言した。

 ただ、党内から候補の差し替えを求める声も出ている。河野太郎国際局長は、国会内で記者団に「古いやり方を引きずっていた長老議員を公認しては、何も変わらない。新しい方を出してもらわなければ自民党の再出発はない」と強調した。

 参院候補の公認を巡っては比例選で、山崎拓・前副総裁、保岡興治・元法相、片山虎之助・元総務相らが、70歳以上で出馬を希望している。党内に定年制を厳守すべきだとの声が強いことも踏まえ、党執行部は片山氏に、候補が決まっていない岡山選挙区から出馬するよう働きかけ、比例選には定年を超える候補を公認しない方向で調整している。

カジノ構想「興味ある」=沖縄知事(時事通信)
田の中勇氏死去(声優)(時事通信)
張が先勝=囲碁棋聖戦(時事通信)
交通網調査費盛りLRT減額 堺市議会が予算承認(産経新聞)
「捜査が進めば小沢氏が判断」=説明に期待−鳩山首相(時事通信)
posted by アサヌマ シロウ at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

埼玉不審死、女を6度目逮捕 婚活相手から四百数十万円(産経新聞)

 「車の中で動かない男性がいる」

 昨年8月6日朝、埼玉県警にかかってきた1本の110番通報。これが疑惑発覚のきっかけだった。

 埼玉県富士見市の国道沿いの月極駐車場に停車していた1台のレンタカー。大出嘉之さんは、その車内の後部座席で、横たわった状態で息絶えていた。助手席には七輪が置かれていた。

 練炭自殺がうかがわれたが、その状況に捜査員らは不信感を抱いたという。「車のカギや練炭のすすの謎など、どう考えてもおかしかった」。ある県警幹部はこう述懐する。

 捜査の結果、1人の女の存在が浮上する。それが木島佳苗容疑者だった。

 ■プラモデル

 大出さんは、古書店やオフィスビルに囲まれた一角に立つ5階建てのビルで、母と兄との3人で暮らしていた。

 家族が住むビル内のオフィスに勤務する男性は、大出さんについて「にこやかで柔らかな印象を持っていた」と話し、「女性と一緒のところを見たことがない。詐欺にあったと聞いてびっくりしている」と驚きの表情を隠せない。

 趣味は戦車や戦闘機のプラモデル作りで、これまでも数々のコンテストで入賞する実力の持ち主だった。

 大出さんが通っていた模型店の店長は、「雑誌の写真を写実的にコピーする流行の作り方をせず、昔かたぎのやり方の中に自分のオリジナリティーを出そうとしていた」と振り返る。

 ■ブログで浮上

 大出さんが開設していたブログも、プラモデル作りの話題で埋め尽くされていた。そんなブログに、異質な書き込みがあったのは、遺体発見前日の8月5日のことだった。

 「実は41歳のトマちゃんは婚活中でしてwつか今日相手のご家族と会うのです。ここ最近ずっと相手と新居を探したり新生活のことを話し合っているんです。今夜から2泊3日で相手と婚前旅行に行きます」(原文のママ)

 結婚を約束したという女性と旅行に行くことをうれしそうに報告する大出さん。その翌日に自殺をするような気配は伺われない。

 大出さんが“婚活の相手”としている女は誰か。捜査員がたどり着いたのが、インターネットの結婚相手紹介サイトで大出さんと知り合った木島容疑者だった。

 ■複数の男性

 捜査を進めていくうちに、木島容疑者が大出さんから四百数十万円を受け取っていたことが判明。さらには木島容疑者が、ほかにも複数の男性から結婚名目で金をだまし取るなどしていたことも分かった。

 県警は9月末、ネットで知り合った長野県の50代男性に「学費が3カ月未納で卒業できない。卒業したらあなたに尽くします」などと結婚話を持ち掛け、計約190万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで木島容疑者を逮捕。以降、詐欺や詐欺未遂などの容疑での再逮捕を繰り返してきた。

 木島容疑者の周辺では、大出さんのほかにも千葉県松戸市の福山定男さん=当時(70)=ら3人が不審死をとげている。

 県警は、不審死した大出さんも結婚詐欺の被害者だったことを立証し、大出さんの不審死と木島容疑者との関連性を慎重に捜査する方針で、これを突破口に連続不審死疑惑の全容解明を進めるものとみられる。

【関連記事】
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
鳥取連続不審死 女と同居の男が関与示唆する供述
木島被告、不審死男性への詐欺で再逮捕【実名切り替え】
第2の埼玉・鳥取不審死が見過ごされる…解剖医、深刻な不足状態
実名か匿名か…分かれる判断 連続不審死、千葉大生殺害

【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
糖尿病性腎症治療薬の開発・販売権を取得−協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
大久保容疑者、公判延期の見通し 検察側申し入れへ(産経新聞)
新成人2人、入場断られ暴れる=福井市職員に体当たり−県警(時事通信)
<偲ぶ会>四手井綱英さん=2月14日午後2時、京大会館(毎日新聞)
posted by アサヌマ シロウ at 03:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。